Menu

アフターケア

Home

アフターケア

アフターケアの必要性

角

バイオリン、ビオラ、チェロはとても寿命の長い楽器ですが、
バイオリンは最も厚い所でも4,5mm、
薄い所では2mmないところもございます。

粗雑に扱ってしまうと簡単に壊れてしまいます。
だからこそ人々に労わられ、愛されるのでしょう。

大切な楽器がいつまでも美しい音色を奏でられるよう
アフターケアをおすすめいたします。

きれいな状態に保つ

チェロ

人間の汗に含まれる塩分、油分は
楽器のニスや木部にとって良くありません。
付着した松ヤニも湿気を誘う原因となります。

きれいにしているつもりが、汚れた布を使って磨くことで、
汚れを全体にのばしてしまっていることがよく見られます。
これでは、全体的にミュートがかかった状態になってしまいます。

常にきれいな布を使って、きれいな状態に保つことが大切です。

怖いのは湿度か乾燥か

並ぶバイオリン

よく湿度が高いと音が悪くなるといわれますが、
実はもっと怖いのは乾燥です。

乾燥したところに置いておくと
ひび割れや剥がれの原因となってしまいます。

楽器も木としての特性をいつまでも忘れず、
気候の変化により伸び縮みします。
人が不快と感じる環境にはおかないようにしましょう。

過度の暖房やクーラーには注意してください。

各種ご案内

元町弦楽器 “LA CANTINA“

弦楽器

店舗概要