Menu

弦楽器製作

Home

弦楽器製作

楽器製作の始まり、材木選び

木材

バイオリンの材質となる木は十分に乾燥させ、
音を響かせるものでなくてはなりません。

その為、10年から40年、十分に乾燥し厳選された
メイプル(裏板、横板、ネック)、スプルースを使用します。

杢目の美しさはもちろんのこと、叩いた時の音、
表板と裏板との組みあわせなど、時間をかけて選定します。

バイオリンの誕生

静まりかえった工房内に、ザクッザクッザクッと木を削るノミの音が響きます。

この削る音を良く聞き、感じ、材木の持つ堅さやねばりの特性を見極めていきます。

全ての工程は手作業で進められます。
材質によって、板の厚みなど微妙に変えていきます。

ニスを塗る前の白木のバイオリンの美しさは神聖さすら感じさせます。

製作過程1 製作過程2 製作過程3

神秘的なニス

神秘的なニス

見るものを引き込むかのような妖艶な光沢を放つニス。

仕上がりたての楽器は、ほのかに樹脂の香りが漂っています。
数々の伝説を持つオイルニス、アルコールニスを
それぞれの長所を活かし使用します。

塗っては乾かすのくり返し、
本体を作る以上に時間がかかるのがニス塗りです。

各種ご案内

元町弦楽器 “LA CANTINA“

弦楽器

店舗概要